コノスル・メルロー・20バレル・リミテッド・エディション 2001

CONO SUR Merlot 20Barrels Limited Edhition 2001


こちらもラ・カーブ三善屋で2,050円で購入しました。



お店のセラーにちょこんと置いてあったのを発見。

値段も手が出せる範囲だったので買っちゃいました。



店長さんも美味しいと思いますよと言ってくれたので

期待度が高まりました。



コノスルと言えば、白いラベルを知ってますが

昔はこんなラベルだったんですね。



開けてみると、匂い立つ甘い匂い。

こってりとした濃い色。



飲んでみると、見た目どおりまったりとした甘み。

干しブドウのような凝縮感。



匂いはラズベリーのような、ブラックベリーのような

ベリー系の甘い匂い。



それでいて、渋みも健在。

タンニンもたっぷりで、飲み終わった後の口はムラサキだらけ。



まだ数年は熟成できるのかなぁという感じ。

お店にもう1本あったから、早めに買いに行こうかな。



お値段の割りに、この味わいなら十分お買い得かなと思いました。

良い仕事してます。西荻窪のラ・カーブ三善屋。

at 21:00, テイスティングノート(チリ 赤)

comments(2), trackbacks(0), -

ラ・ミシオン ピノ・ノワール レゼルバ ウイリアム・フェーヴル 2008



La Mision Pinot Noir Reserva William Fevre 2008
荻窪ルミネのB1に入っているザ・ガーデン自由が丘で1,580円で購入。



フランスのすごい造り手がチリで作るピノ びっくり

ということで、見た目すごい薄かったのですが買ってみました。



ウイリアム・フェーヴルさんはシャブリの造り手として

大変有名だそうです。



白の造り手だからなのか、

本当にあっさりとしたワインでした。



色は本当に薄く、飲み口は甘く、

香りは樽熟成されているので果実感のあるいい匂いでした。



セラーから出した14度くらいでも

しっかり甘味を感じられてあっさり飲めるので

暑い夏の1本にお勧めです。



今回勉強になったのは"ピジャージュ"という単語。

タンク・もしくは大樽で醗酵中、ブドウ皮の層えお長い棒を使って

上下撹拝すること。(attributed to www.winewine.info)



彼がチリのマイポヴァレー(Maipo Valley)でピノ・ノワール100%で

ブルゴーニュ伝統のピジャージュで造っているんだそうです。

そして特別な樽に4ヶ月間熟成。



でも薄いです イヒヒ



あと、購入場所のザ・ガーデン自由が丘さんですが、

週末はよく試飲コーナー出していて

ワインに詳しい店員さんがいっぱい説明してくれます。

とても良心的なお店です!!!






at 12:34, テイスティングノート(チリ 赤)

comments(0), trackbacks(0), -

テラノーブレ メルロー リゼルヴァ マウレヴァレー 2007



Terranoble Merlot Gran Reserva Maule Valley 2007


楽天のYANAGIYAにて1,344円で購入。



最近、アルコールが高くて果実味たっぷりのワインが多かったので

久しぶりに落ち着いたワインでした。



ビンは重くて大きかったけど

色も果実味も薄めで、それでいてフルーティー。

味の濃さが美味しさじゃないんだなって思いました。



このワインは、2日目もとても美味しく飲めました。

自分たちの飲むスピードが美味しさのバロメータになっています。



値段も安目でコストパフォーマンスが良いと思います。

at 23:16, テイスティングノート(チリ 赤)

comments(0), trackbacks(0), -

コンチャイトロ カッシェロ・デル・ディアブロ ピノ・ノワール 2007



Concha y Toro Casillero del Diablo Pinot Noir 2007


荻窪の西友にて1380円で購入。



同ブランドは良く目にしていたが、ピノは見かけたことがなかったので購入。



匂いも濃厚で、実際の味は甘みの強さが目立つ感じ。

繊細な味ではないけれど、値段のことも考えると十二分に美味しいワイン。



甘みが強いため、こってりとした重みを感じさせ

勢い良く飲み続けると酔いが回りやすいような印象。



ピノといえば繊細で奥深い味、という人には向かないが

ブドウの甘みが全面に出ている果実味溢れるピノ好みには良いと思います。



コストパフォーマンスを考えると、とても充実している一本だと感じました。


at 00:56, テイスティングノート(チリ 赤)

comments(0), trackbacks(0), -