Standard & Poor's


ブルゴーニュのボーヌのちょいと南に位置するポマール。
その中でもさらにイケてるという噂のリュジアン。


生産者たちも鼻息荒く、1級格付けから特級格付けにするよう申請をしているらしい。
http://www.yomiuri.co.jp/gourmet/drink/wnews/20110909-OYT8T00498.htm


甘酸っぱいピノの香を残しつつも、かなりしっかりした味で、いまいちピノ・ノワールの魅力を理解していただけないカベルネ好きがいたらこれを飲ませようかな。


Michel Gaunoux Pommard Rugiens 1992
ミッシェル・ゴヌー ポマール リュジェアン
*品種 : ピノ・ノワール
*産地 : フランス ブルゴーニュ
*価格 : 6,000円

at 16:58, テイスティングノート(フランス 赤)

comments(0), trackbacks(0), -

ドメーヌ・ド・ヴィルマジュー・コルビエール 2006


DOMAINE DE VILLEMAJOU CORBIERES 2006

友人から頂いたワインです。

ネットで調べると1,000円台後半で手に入るようです。
大手のエノテカさんが取り扱っているワインです。

2006年ということもあって、エッジ部分は少し枯れかかっているような感じ。
赤紫色で、わずかに透明感があるような色。

干しブドウのような凝縮された甘味を感じさせる香り。
アルコールの強さも感じられました。

飲んでみると、滑らかな口当たり。
甘味もありながら、濃すぎない飲み口で飲みやすい。
後味にはしっかりと渋みも感じられて美味しい。

調べてみると使われている品種は
カリニャン、グルナッシュ、シラー、ムールヴェードルとのこと。
個人的には得意ではない品種ですが、このワインは美味しく飲めました。

自分の好きではない品種でも飲まず嫌いをしていてはいけないな、と思いました。

また、美味しいワインを求めて頑張っていきます!

at 08:59, テイスティングノート(フランス 赤)

comments(0), trackbacks(0), -

シヤトー・デ・ノージャン・ルージュ 2009

 

Chateaux de Naujan rouge 2009

インポーターさんからお試しということでテイスティングさせていただきました。
インターネットで検索すると1,000円もしないで手に入る価格のようです。

ボルドーワインの色は透明感があって薄めの赤。

品種はメルローが70%、カベルネ・ソーヴィニヨンが30%のメルロー主体。
でも、香りはカベルネ・ソーヴィニヨンの持つ、土っぽい匂いがしました。

しっかりとした渋みが感じられるので、重めの料理にも負けない味わい。
ゴクゴク飲む感じではないけれど、酸味もあってすっきりと飲めました。

1,000円しないデイリーワインとしては優秀だと感じました。

at 09:19, テイスティングノート(フランス 赤)

comments(0), trackbacks(0), -

ロマネ・コンティ飲みました!!


いよいよ開催まで一週間を切ったロンドンオリンピック。
ウサイン・ボルトやタイソン・ゲイを「100mをだいたい10秒で走る人たち」とすると
つまり「ロマネ・コンティ飲みました」みたいなもんだ。

まあ、正確にはロマネ・コンティの共同オーナーのプリューレ・ロックさんがロマネ・コンティよりもうちょっと南のニュイ・サン・ジョルジョで頑張って作っているクロ・デ・コルヴェというかなり良い畑のちょっと余っちゃったけどそれでも良いブドウを使って仕込んだワイン。

食事を加速させるたまらない甘酸っぱさがたまらないです。


Domaine Prieure Roch Nuit-St-Georges 2007
ドメーヌ・プリューレ・ロック 
*品種 : ピノ・ノワール
*産地 : フランス ブルゴーニュ
*価格 : 7,000円くらい

at 22:37, テイスティングノート(フランス 赤)

comments(0), trackbacks(0), -

キャバリエ・ロイヤル ルージュ


CAVALIER ROYAL ROUGE

祖母に贈って頂いたワインです。

赤のヴァン・ド・ターブルです。
3年前には同じキャバリエ・ロイヤルのブランを飲んでいます。
懐かしい。

ブランは525円だったので、ルージュもそこまで高いワインではないと思われます。
インターネットで調べてみても、1,000円はしないようです。

記憶が曖昧なので、香りや色は忘れてしまいましたが
味わいは、なかなか悪くないというか価格にしたら十分飲める味でした。

コストパフォーマンスが高いと思いますが
そこは1,000円しないワインなので、あまり大きい期待はしないように。

at 08:23, テイスティングノート(フランス 赤)

comments(0), trackbacks(0), -