<< International Pinot Noir Celebration | main | 日本人が造るNZ・SB のスペシャルワイン >>

ナパヴァレー 2015年の収穫はじまる

ナパヴァレー・ヴィントナーズによると
ナパヴァレーではスパークリングワイン用のぶどうの収穫が始まり、
例年より早めとなる2015年の収穫シーズンが幕を開けたそうです。

今年の生育期は、暖かい気候と涼しい気候が交互に訪れたことで芽吹きが早まり
続く開花時期と着果時期には比較的涼しい気候が長く続いたため
収穫時期は例年よりもかなり早くなることが予想されているとのこと。

また、5月の気候が涼しかったことと、急激に気温が上昇する夏日が少なかったことで
カリフォルニア州の干ばつが4年目に突入する中で水の使用は最低限に抑えられています。

Munn Napa Valleyのワイン生産者Ludovic Dervinさんによると
「今のところは今年も高品質のぶどうの収穫が見込まれています」。

豊作が続いた過去3年と比べると全体的な収穫量は落ち込む予想ですが
過去10年のデータとの比較では平均的な収穫量になる見込みです。

ナパヴァレー・ヴィントナーズでは
収穫を直接見に来ることができない人たちのために最新の状況を随時ウェブサイト上で更新してくれています。

気になる方はチェックしてください。

■記事元

at 22:05, その他

comments(0), trackbacks(0), -

Comment









trackback
url:http://blog.tastingroom.jp/trackback/755