<< ワイン生産国としての中国 | main | ブルゴーニュ利き酒騎士団認定クレマン >>

2013年アメリカ・ワインの輸出動向

California Wines Japanによると

2013年のアメリカ・ワインの輸出総額は前年比16.4%増の
生産者売り上げベースで15億5千万ドルとなりました。
金額でみると、4年連続の増加です。

そのうち約90%がカリフォルニア・ワインです。

ワシントン、オレゴン、ニューヨークと
様々な産地のアメリカ・ワインが日本でも楽しめるようになっていますが
やっぱりカリフォルニアを脅かすところまではいっていない印象です。

また、2013年の輸出数量は前年比7.5%の
4億3,520万リットル(4,840万ケース)となりました。

カリフォルニア・ワインの輸出先を金額ベースで見てみると
以下のようになっています。

EU加盟国 6億1,700万ドル
カナダ 4億5,400万ドル
日本 1億200万ドル
香港 7,800万ドル
中国 7,700万ドル
メキシコ 2,200万ドル
韓国 1,800万ドル

アジアの中では、日本が最も金額が多くなっていますが
香港と中国も迫ってきています。

これからもアメリカ・ワインのシェアが伸びていくのか気になりますね。

at 22:26, その他

comments(0), trackbacks(0), -

Comment









trackback
url:http://blog.tastingroom.jp/trackback/749