<< 2015 Summer 配送休止期間のご連絡 | main | 2013年アメリカ・ワインの輸出動向 >>

ワイン生産国としての中国

21世紀に入ってワイン消費国として急成長を遂げた中国。

そんな中国がワインの消費だけではなく
ワイン生産国としての地位も向上しています。

すでにワイン用ブドウの栽培面積では
中国がフランスを上回っているそうです。

品質も価格が安い物だけというわけではなく
フランスの有名なワイナリーが投資しているケースもあり
目覚ましく進歩しているとのこと。

これから日本のワイン売り場でも
中国ワインを見かけることが多くなるかもしれません。


■記事元
http://goo.gl/NR5aQq

at 23:27, その他

comments(0), trackbacks(0), -

Comment









trackback
url:http://blog.tastingroom.jp/trackback/748