<< 英語で楽しむワイン会 Vol.2 | main | ワイン素美人 #029 >>

裸の王様



74年というと小野田さんが帰ってきて、ニクソン大統領が辞任した年だ。
ボルドー的には特にいいビンテージでもないので世に素晴らしいシャトーといえども歳食ってしまっているわけで。

物の本に書いてあるヤレ「枯葉」だぁ、「チョコレート」だぁがなんとなくわかった気になれる感じはあった。
しかしそんなにうまいもんじゃなかったなぁ。こうなるとアタリのムートンを飲んでみないと。

ちなみに、ラベルはアメリカの抽象画家ロバート・マザーウェル

Chateau Mouton Rothschild 1974
シャトー・ムートンロートシルト
*品種 : カベルネ・ソーヴィニョン77%  メルロ11% カベルネ・フラン10% プティ・ヴェルド2%
*産地 : ボルドー
*価格 : 40,000円くらい



at 12:32, テイスティングノート(フランス 赤)

comments(0), trackbacks(0), -

Comment









trackback
url:http://blog.tastingroom.jp/trackback/418