<< ワイン素美人 #024 | main | ワイン素美人 #025 >>

『ワインで旅を語るサロンvol.3』 @ 武蔵野プレイス


 Tasting Room @ Cafe Fermata

武蔵野プレイス1階にあるカフェフェルマータさんとの
コラボ企画『ワインで旅を語るサロン』の第3回目を3月29日に開催しました。

昨年11月の開催を見送ったため、
実に半年振りの開催で初めはいささか緊張気味でしたが、
今回もお客様とスタッフを含め9名で盛り上がりました。

ワインと美味しいお料理を楽しみながら
これまで行ったことがある場所のお話しや
これから行きたいところの情報収集の場として気軽に参加して頂いております。
(お酒は苦手という方でも大丈夫です!)

今回も旅好きの皆様から沢山の話題が飛び出しました。

ドロミテのハイキング、オペラ、シエスタの習慣、スイスの旅人の迎え方、
モルディブのマリンスポーツ、フラッと立ち寄る美味しいバール、
スペインのアルハンブラ宮殿、日本語が飛び交う台湾など
第3回目の旅のサロンは特に”イタリア”の話題が楽しかったです。

ワインは当初4種類の予定でしたが、5種類出させていただきました。

.侫薀鵐后▲椒襯鼻爾離凜.鵝Ε爛后 ポール・シャンブラン ブリュット



ぅ▲瓮螢、カリフォルニアのサイクルズ ピノ・ノワール 2011


今回人気が高かったのは△瞭逎▲侫螢のシュナンブラン。
はちみつのような香りとパッション・フルーツのような華やかで飲みやすいと好評をいただきました。

ワインと一緒に楽しんでいただいたお料理は
今回も試作を重ねた6種のスペシャルプレートです。


スパークリングや白ワインに合わせやすい
枝豆のディップやサーモンのカルパッチョをはじめ、蓮根とマスカルポーネは特にチーズ好きの方には大好評!
メインのお肉は豚の肩ロースとバラ肉をミックスしてプルーンといちじくで煮たものが出されました。
ボリュームもあってとっても美味しかったです。

お食事の最後に出されたフェルマータさんのコーヒーを使ったチョコレートがまた絶品でした。
カルメネールとぴったりでお代り続出でした!
最後までワインとのマリアージュを考えてくださって、とてもありがたかったです。

フェルマータさんは武蔵野市の図書館にあるカフェであることもあって
旅のサロンに参加される方も普段からよく本をお読みになる方が殆んどです。
旅の話に紛れて、あの本もいいよ!と教えて頂けるのも嬉しくて
この会の帰りに借りて帰れるのも素敵な立地だなぁと思います☆

今回は
塩野七生 著『ローマ人の物語』
井上ひさし 著 『ボローニャ紀行』
のご紹介がありました。

すぐには旅に出れなくても、本を読んで想像力を養うのもまたいいですよね!


『ワインで旅を語るサロン』、第4回目もぜひ開催したいです!

開催が決定しましたら、またご連絡致します。
また沢山の楽しい旅のお話を楽しみにしています。


at 06:38, イベント

comments(0), trackbacks(0), -

Comment









trackback
url:http://blog.tastingroom.jp/trackback/415