<< ワイン素美人 #019 | main | ワイン素美人 #020 >>

古酒


やんちゃな酸っぱさがその魅力といわれているものの、初めて飲んだアリゴテがなんかの罰ゲームかと思うくらい酸っぱくてその後もロクな思い出がない品種アリゴテ。

この作り手ははスバラシイ。
おいしいシャルドネってまあそこそこお金かければ飲むことができるが、おいしいアリゴテとなるとなかなか難しい。

ジャンフランソワさんのシャルドネもスバラシイんですが、このアリゴテは他の作り手を突き放している度合いが顕著。
何かアリゴテをおいしくする特殊な方法を見つけ出して、それをみんなに教えていないという意地悪をしているのではないかと余計なことまで考えてしまう。

ワインに関する情報が著しくイイ加減かつ少ないWikipediaにもちゃんとページが。
http://en.wikipedia.org/wiki/Domaine_Coche-Dury

 

J-F Coche Dury Bourgogne Aligote 2001
ジャンフランソワ コシュ・デュリ ブルゴーニュ アリゴテ
*品種 : アリゴテ
*産地 : ブルゴーニュ
*価格 : 7,000円くらい

at 18:17, テイスティングノート(フランス 白)

comments(0), trackbacks(0), -

Comment









trackback
url:http://blog.tastingroom.jp/trackback/407