<< ワイン素美人 #016 | main | サイフリード オールド・コーチ・ロード シャルドネ 2010 >>

イングリッシュワインで味わう新春本格フレンチ

 

1月26日にアッシュ・アカマツ&ワインスタイルズ&Tasting Room特別企画、
『イングリッシュワインで味わう新春本格フレンチ』を開催しました。

この会のために、初めて武蔵境駅を降りたという方もいらして、本当に有り難かったです。
駅から会場まで少し距離があったのですが、9名の方が参加して下さいました。
その内3名は地元武蔵境の方。
何度か『アッシュ・アカマツ』にご来店経験のある方や
以前から気になっていたレストランでのイベントということで応募して下さった方がいらっしゃいました。

ワインはまだまだ日本でも珍しいイングリッシュワインを5種類を
御徒町でワイン専門店をされている『ワインスタイルズ』様にご提供頂きました。

ワインスタイルズの田中さんに
詳しい英国ワインの説明を沢山して頂きました。


いつものTasting Roomのワインパーティーとは違って
かなりアカデミックなワインの会。

お料理はフレンチシェフ赤松英毅氏に作って頂きました。
温かいオードブルを始め、鱈を使ったお魚料理とトリュフをふんだんに使ったお肉料理を出して頂きました。


会場のアッシュ・アカマツは実は当日私達以外にもご予約が入っていて、満席でした。
シェフとマダムだけの小さなレストランですので、
あの日は15人以上のお料理を全てお一人でご用意され、とても大変だったと思います。
(実際会の最後のご挨拶のお時間も取れなかったくらい、ずっと調理に付きっきりでした。)

ですが、どのお皿もシェフの心がこもっていて本当に美味しそう!!
皆さんあっという間に召し上がっていらっしゃいました。




Tasting Roomとしては初めて行った着席型のイベントということもあり
大変勉強になりました。

お集まり頂いた皆さまには説明不足だった点や至らなかった点が多くあったと思いますが、
それでも沢山の笑顔が見えて、本当に嬉しかったです。

ご来場頂きました皆さまとご協力頂きましたアッシュ・アカマツさん&ワインスタイルズさんに
この場を借りて改めて感謝の気持ちを伝えさせてください。

本当にありがとうございました。

at 10:40, イベント

comments(0), trackbacks(0), -

Comment









trackback
url:http://blog.tastingroom.jp/trackback/395