<< 武蔵野Talkin About「ワインで旅を語るサロン」vol.2のご案内 | main | イリス ル ロゼ ブリュット >>

クスダ・ワインズ ピノ・ノワール 2010


Kusuda Wines Pinot Noir 2010

日本人の楠田浩之さんがニュージーランドで造っているワインです。
リリースされたころから各メディアで取り上げられていたので、ずっと気になっていました。

値段も10,000円近いので買うのを躊躇しているうちに
すぐに売り切れてしまってこれまで飲む機会がありませんでした。

今回は友人が一緒に飲もうと誘ってくれたので
こちらも青山のアン カフェでビルカール・サロモンに続いて飲みました。

色は透明感のある赤紫色。
アルコールの強さと甘味を感じさせるような香り。

味わいはピノ・ノワールの甘味、果実味が感じられて美味しい。
飲み終わりは繊細な風味があって、心地よい余韻が感じられました。

これならどんどん飲めてしまいそうです。

今飲んでも十分美味しいけれど
アルコールがもう少し馴染んでから飲んだらまた違った美味しさが感じられると思いました。

気になっていたワインが飲めた嬉しさと
実際のワインの美味しさの両方でとても良い気分になれました。

また、こんな美味しいワインが飲みたいです。

at 09:31, テイスティングノート(ニュージーランド 赤)

comments(0), trackbacks(0), -

Comment









trackback
url:http://blog.tastingroom.jp/trackback/338