<< やりすぎ家庭教師 | main | ヴィーニャ・オリア・テンプラニーリョ・ティント 2009 >>

生産地が日本だと日本人向けなワインなのか



日本の気候とその土地から生産するワイン。
きっと日本人の口に合うであろうワインだと期待する。

今回は日本のりんごのワイン。
馴染み深い津軽りんごで造ってあるスパークリングワイン。

さわやかな甘さと酸味をイメージしたが
りんごジュースに程遠く、米麹の味がする。

何を目指したワインなのだろうか。
日本酒的要素を入れたかったのだろうか。
どうやら期待した味ではなかった。

わかったことは”日本人向けなワイン”なんて無いということ。

自分の好きなワインの味を見つけていくのが楽しいから
色んな国の色んな品種のワインを飽きずに飲んでしまう。

制覇することのできない数のワインが私を待っていると思うと
わくわくしてまた1本開けてしまいそうだ。

Lumiere Cidre
ルミエール シードル

*品種 : 山形県産 つがるりんご
*産地 : 日本 山梨県
*価格 : フルボトル。1575円。

at 16:34, テイスティングノート(日本 泡)

comments(0), trackbacks(0), -

Comment









trackback
url:http://blog.tastingroom.jp/trackback/31