<< ローン・カウリ ピノ・ノワール 2007 | main | バルディビエソ・ピノノワール・レセルバ 2006 >>

ドクター・ハインツ・ワグナー オクフェナー・ボクシュタイン QbA リースリング 1996

 


Dr. Wagner Ockfener Bockstein QbA Riesling 1996

西荻窪にあるラ・カーブ三善屋で1,750円で購入しました。
La Caveのセラーの中には興味をそそられるワインが沢山あって
毎回困っています!
また白のドイツワインを選びました。
と言うか、普段飲み価格で買えるのがドイツワインなのです・・・

普通にキャップシールから剥がそうとしたのですが、
何かくっついていて全く開きません。
コルクに辿り付きましたがコルクのまわりには
糖分が凝固したような黒い蜜で固まっていました。

ようやく無事に注がれたワインは
バターが溶けたような金色で、
香りもかび臭い中にバターのようなまったりとした匂いがしました。

甘いけど、全く甘ったるくなく、
りんごのような酸味と
少し炭酸のようなシュワシュワ感を舌に感じました。

冷えていてとっても美味しかったです。

美味しいワインを口にするまでには
いろいろと苦労があるものですね。
そういうところも楽しいし、おもしろいです。


at 08:11, テイスティングノート(ドイツ 白)

comments(0), trackbacks(0), -

Comment









trackback
url:http://blog.tastingroom.jp/trackback/282