<< シャルム・シャンベルタン・グラン・クリュ ドメーヌ・ラウル・クレルジェ 2000 | main | ドクター・ハインツ・ワグナー オクフェナー・ボクシュタイン QbA リースリング 1996 >>

ローン・カウリ ピノ・ノワール 2007



LONE KAURI Pinot Noir 2007

吉祥寺のACワインで1,680円で購入。
その後、もっと安く手に入ることがわかりガッカリ。

ニューワールドのピノにありがちな
甘みが強いワインではないということだったので、楽しみに開けました。

実際にグラスに注いでみると、色は鮮やかで確かに濃くない。
匂いはブラックチェリーのようなカシス風味も混ざったような感じ。

口に含んですぐは甘みを感じるけれど、しつこくない。
それどころか、苦味も少しあって全体的にまとまっている印象。

お店で聞いたとおり、ニューワールドパワー全開といったワインではなく
繊細なニュアンスもあって、面白い1本でした。

抜栓2日目は、パッションフルーツのような香りがするものの
渋みが出てきて、飲みにくくなってしまいました。

今回は高く買ってしまったけれど
それでもこの価格なら悪くないかなと思います。

at 09:49, テイスティングノート(ニュージーランド 赤)

comments(0), trackbacks(0), -

Comment









trackback
url:http://blog.tastingroom.jp/trackback/281