<< 梅雨のじめっとした日に、テラスで飲みたいワイン。 | main | レストランでボルドーお手軽ワイン発見。 >>

腐るなら 貴く腐ろう 白ワイン

 

三大貴腐ワインの一つフランス・ソーテルヌの作り手。
オーナーはこっちの「五つの矢」のロートシルト家

まあ、貴腐ワインとググればたくさん文献がでてきますから。
用は菌が付着して水分が蒸発、味が凝縮。ブワっ。ってことです。

ワインに限らず醤油とかみそとか
まさに「Standing on The Shoulder of Giants」って感じ。

「豆腐に合うソースつくろっと」とかいって醤油つくらないし、
フツーこんな行程思いつかないでしょ。

結構甘いイチゴのタルトと一緒に食べたのですが、これより甘い…
ほんとにコレぶどうだけで作ったのか?

甘いのだかベタベタ感はなし。クッキーとかフィナンシェなんかをおなかすいているときにかじりついたような満足感。
この心地よさは貴腐ワインでしかだせないでしょう。

いまのとこベストオブソーテルヌです。

Chateau Rieussec 2003
シャトーリューセック 

*品種:セミヨン/ミュスカデル/ソーヴィニヨンブラン
*産地:フランス ボルドー・ソーテルヌ
*価格:4,500円くらい

at 18:40, テイスティングノート(フランス 甘)

comments(0), trackbacks(0), -

Comment









trackback
url:http://blog.tastingroom.jp/trackback/27