<< ロリータ ピノ・ノワール 2005 | main | リープフラウミルヒ QbA 2007 >>

クリオス シラー&ボナルダ スサーナ・バルボ メンドーサ 2006



Crios Syrah & Bonarda Susana Balbo Mendoza 2006


楽天の柳屋さんで1428円で購入。



普段フランスワインが多いし、

ボナルダってどんなの?とか

パーカーさんが高得点を付けた 拍手 とかで

わくわくして開けたアルゼンチンワイン。



シラーの匂いなのでしょうか、

土やタバコのような癖のある香りと

ボナルダのフルーティーな香りが広がります。



味は色程濃くなく、意外にあっさり飲みやすい。



2日目も香りも良くて、

アルコールが落ち着いてとっても飲みやすかったです。



これは結構コストパフォーマンス高いです!!



女性醸造家スサーナ・バルボと彼女の二人の子供の手を表した絵が

まずワインを手に取ったときに目に飛び込んできますね ラブラブ



クリオス=「子供たち」。



素敵な美味しいワインでした。








at 11:45, テイスティングノート(アルゼンチン 赤)

comments(0), trackbacks(0), -

Comment









trackback
url:http://blog.tastingroom.jp/trackback/218