<< オリヴィエ・ルフレーヴ ブルゴーニュ・ルージュ 2008 | main | メビュース シャルドネ ワイララパ 2001 >>

ルミエール シードル

 

Lumiere Cidre

お雛祭りの1本として、武蔵境のにいくら総本店で1575円で購入。

にごりのある黄色の方が強い薄黄緑。
菜の花を思わせる色でした。

香りは何ともいえず・・・
何か香ってはいるものの、何ともわからない香り。
普通は林檎的な匂いがしてもよさそうですが、そうではありませんでした。

甘味の少ない発泡酒で、後味に酸味を感じます。
泡が比較的強めで林檎というより米麹の味。

個人的にジュース感覚な甘いアップルソーダイメージのシードルを求めていたため
気持ち残念な1本になってしまいました。


山梨県産の「つがる」リンゴを100%を使用し
ビン内発酵させたアルコール度数 6%のスパークリングワインだそうです。
ヴィンテージを確認していなかったのですが、シードルはワインと違って
熟成型ではないそうなので造りたてが美味しいそうです。

at 09:17, テイスティングノート(日本 泡)

comments(0), trackbacks(0), -

Comment









trackback
url:http://blog.tastingroom.jp/trackback/193