<< ヒッチングポスト ピノ・ノワール ハイライナー サンタバーバラカウンティ 2006 | main | ラ・クロワザード レゼルヴ ピノ・ノアール 2008 >>

カール・エルベス ユルツィガー・ヴュルツガルテン・クーベーアー 2008



KARL ERBES Urziger Wurzgarten Q.B.A 2008

西荻窪のラ・カーヴ三善で1,580円で購入。

これまでのドイツワインは年代の古いものが多かったので
新鮮なドイツワインを楽しみに飲みました。

お店の人が「すごく冷やして飲んでください」と言っていたので
直前まで冷蔵庫に入れておきました。

グラスに注ぐと透明に近い透き通った色あい。
ほんのりとライムグリーン。

匂いも甘み際立つ匂いではなく
すっきりとした酸味を感じさせる匂い。

味は甘めだけれど、すっきりとした酸味も感じられて飲みやすい。

暑いときにガンガンに冷やして飲むのが良いと思いました。

お店の人がエチケットの急勾配な斜面の絵を指差して
「本当にここで作ってるんです!!」って臨場感ある現場情報を教えてくれました。
造り手の苦労が報われるいいワインでした。

at 10:35, テイスティングノート(ドイツ 白)

comments(0), trackbacks(0), -

Comment









trackback
url:http://blog.tastingroom.jp/trackback/146