ヤルデン・カベルネソーヴィニヨン 2008


YARDEN Cabernet Sauvignon 2008

Tasting Room Storeの1周年記念にと戴いたイスラエルのワインです。

あまりに嬉しい頂き物だったので、いつ開けたらいいものか悩みました!

魔法のランプに明かりが灯っているような印象的なラベルで、
ヤルデンの存在こそ知っていたものの、イスラエルワインとはつゆ知らず。
イスラエルのワインの味に期待が高まりました。

開けてみるとチョコレートのような甘い香りが広がりました。
色は割合濃い赤紫色。
グラスに注いでからもやはり甘い香りが楽しめました。

酸味は全くと言っていい程感じられず、カベルネの甘味、果実の凝縮感たっぷりの味わいです。
酸味がない分甘味が強くまったりと濃い印象を受けました。

鴨肉やステーキに少し甘いベリーソースをかけたようなお肉にとっても相性の良さそうな1本でした。

イスラエルワインはカテゴリー分けをするとヨーロッパワインになるそうで、
もちろんワイン造りの伝統も長いので味わいとしてはオールドワールドに近いかと思って飲みましたが、
ニューワールド的なはっきりとした味わいが新鮮でとても美味しかったです。

これが初めてのイスラエルワイン。
とっても素敵な出会いをありがとうございました!

写真:エチケットに誤ってワインを垂らしてしまいました・・・涙 ごめんなさい!!

at 00:14, テイスティングノート(イスラエル 赤)

comments(0), trackbacks(0), -