ポール・デテュンヌ ラタフィア



Paul Dethune Ratafia

Tasting Room Store で2,800円です。

シャンパーニュ地方でアペリティフとして飲まれているというこのワイン。
一体どんな味がするのだろうと楽しみに開けてみました。

色は薄めでブランデーのようなこげ茶色。

香りはブランデーごとくシェリー酒のような感じ。

味は甘い。
アルコールが18%もあるので飲んだ後に喉元が温かくなるので、冬にいいかな。

寝酒とか食後酒に向くワインで
食事と共にっていうパターンのワインではないと感じました。

Tasting Roomのイベントで提供した際には
誰かがスパークリングワインと間違えてガブガブ飲んで大変な目に合っていました。

注意しないといけないワインです。

at 23:34, テイスティングノート(フランス 甘)

comments(0), trackbacks(0), -

「2位じゃダメなんでしょうか?」


5月の投稿のシャトー・リューセックのセカンドラベル。

セカンド=型落ち的なイメージはまったく無し。
むしろ、こってりしすぎないで爽やかさを残していてよい。

オーナーのロスチャイルド家のサイト
このサイトの日本語怪しいな…

世界三大貴腐ワインをこの価格で楽しめるのはありがたい限り。
キンキンに冷やしてデザートにどうぞ。


Carmes de Rieussec 2008
カルム・ド・リューセック 
*品種 : セミヨン、ミュスカデル
*産地 : ボルドー ソーテルヌ
*価格 : TR価格1,830円(ハーフ2007ビンテージ)2,900円(フルボトル)

at 19:28, テイスティングノート(フランス 甘)

comments(2), trackbacks(0), -

腐るなら 貴く腐ろう 白ワイン

 

三大貴腐ワインの一つフランス・ソーテルヌの作り手。
オーナーはこっちの「五つの矢」のロートシルト家

まあ、貴腐ワインとググればたくさん文献がでてきますから。
用は菌が付着して水分が蒸発、味が凝縮。ブワっ。ってことです。

ワインに限らず醤油とかみそとか
まさに「Standing on The Shoulder of Giants」って感じ。

「豆腐に合うソースつくろっと」とかいって醤油つくらないし、
フツーこんな行程思いつかないでしょ。

結構甘いイチゴのタルトと一緒に食べたのですが、これより甘い…
ほんとにコレぶどうだけで作ったのか?

甘いのだかベタベタ感はなし。クッキーとかフィナンシェなんかをおなかすいているときにかじりついたような満足感。
この心地よさは貴腐ワインでしかだせないでしょう。

いまのとこベストオブソーテルヌです。

Chateau Rieussec 2003
シャトーリューセック 

*品種:セミヨン/ミュスカデル/ソーヴィニヨンブラン
*産地:フランス ボルドー・ソーテルヌ
*価格:4,500円くらい

at 18:40, テイスティングノート(フランス 甘)

comments(0), trackbacks(0), -

1本の木から1杯しか造られないワイン。

 
Château d'Yquem 1998
シャトー ディケム 1998
*品種:セミヨン80 ソービニヨンブラン20
*産地:フランス ボルドー
*価格:21,480円

私的にすごくすごく憧れだった1本。
甘口ワインの中でも有名なフランスのソーテルヌというワインの、その中で最高峰のワイン、ディケム。

楽天のワインメールでこの価格を見て、もう即決してしまいました。
なにせこのボトル、フルなんです。750mlの液体に2万円だけど、安いんです!

とても甘くて4人でハーフでも十分なのに、でもすごく貴重だし、大事に飲みたいし。
どんな時にあけようか、わくわくしながら考えています。この「わくわく」が醍醐味になってしまっているなー。
いつ、誰と、どんな時に飲もうか、わくわく。ワインを買うってだから特別なことなんだなと思います。
バックとか時計とか服を買うときに似てる。

なにげにもう13年だし、そろそろ飲みたいな。でもこのわくわく感をもう少し味わっていたいな。

at 19:38, テイスティングノート(フランス 甘)

comments(0), trackbacks(0), -

シャトー グリヨン 1995



Château Grillon Sauterunes 1995


食後酒にと友人が持ってきてくれたのは

シャトー グリヨン(Château Grillon) のソーテルヌ。

甘い甘い貴腐ワインでした。



もうその前までのワインと食事でお腹いっぱいで、

ハーフサイズといえどもあまり量は進みませんでしたが、

貴腐ワインらしい深みのあるアプリコット色のワインで

えぐいと感じるくらい甘く濃いワインでした。



個人的ですが、絶対氷を入れないと飲めないくらいの

私の祖母が作る濃い梅酒を思い出しました。



甘いのが好きラブっという方には

このヴィンテージのシャトー グリヨンはお勧めですね!




at 10:19, テイスティングノート(フランス 甘)

comments(0), trackbacks(0), -