ドメーヌ・ラニョー ヴァン・ムスー ロゼ メソード・トラディショネル・ブリュット



Domaine Lagneau Vin Mousseux Rose Methode Traditionnelle Brut

久しぶりにお店でワインをいただきました。

ガメイ100%で造られたヴァン・ムスーというところに惹かれてました。
ボジョレーの造り手さんだそうです。

色合いは薄いものを想像していましたが、結構濃いめ。
泡もしっかりとしていて辛口の味わいに感じました。

前菜と共に飲みましたが、お肉系と一緒でも相性が良く
なかなか飲み応えのある1本でした。

お店で3,800円で提供されていたのは
とてもお得だったように感じます。

ボジョレーというとヌーヴォーのイメージが根強いですが
それ以外にも美味しいワインがたくさんありますね。


詳細はインポーターさんの直販サイトをご参照ください。

<画像・記事 参照元>

at 19:19, テイスティングノート(フランス 泡)

comments(0), trackbacks(0), -

ビルカール・サルモン ブラン・ド・ブラン 1999

 

BILLECART SALMON BLANC DE BLANCS 1999

クリスマスパーティーではじめに開けたスパークリングです。

色は薄めの黄色。

ほのかな甘い香りがしました。

10年以上熟成されたためか、泡は思ったよりも弱く
その分、口当たりが柔らかく飲みやすい印象でした。

アルコールも12%とあまり高くはありませんが
飲んでみると、数字よりも強く感じました。

2008年に飲んだニコラ・フランソワと比べると
全体的に優しい味わいだったように思えます。




*品種 : シャルドネ
*度数 : 12%
*産地 : フランス、シャンパーニュ
*価格 : 10,000円くらい



at 11:24, テイスティングノート(フランス 泡)

comments(0), trackbacks(0), -

アンドレ・ボーフォール グラン・クリュ アンボネー 1996


娘の誕生日のお祝いとして飲みました。

毎年、娘の誕生日にはシャンパンを飲むという
勝手なルールを作って、今年で3年目となりました。

これまでに飲んだシャンパンは下記2本です。どちらも美味しかった。
ローラン・ペリエ ブリュット・ミレジメ 1999
フランソワーズ・ベデル アントル・シエル・エ・テール

1996年のシャンパンということで期待を高めながら開けました。

栓を抜くと、華やかな香りが漂ってきて
グラスに注ぐことでテーブルが柑橘系の香りに包まれました。

色は濃いめの琥珀色。
泡はきめ細かく、それでいて力強くしっかりとしていました。
グラスでの泡の立ち上りも鮮やか。

味わいは優しめで爽やかな酸味がすっきりとしていて飲みやすかったです。

アンドレ・ボーフォールさんは徹底的に薬品を排除するこだわりを持ってシャンパンを造られているそうです。
生産量も少なく、ずっと飲みたかった1本だったので飲むことができて良かったです。

また1年後に素敵なシャンパンと出会えますように。

at 11:40, テイスティングノート(フランス 泡)

comments(0), trackbacks(0), -

イリス ル ロゼ ブリュット

 

ILYS Le Rose Brut

ずっと欠品状態でやっと日本に入ってきたイリスのロゼ。
Tasting Room Storeで2050円で販売中です。

綺麗なサーモンピンクのロゼスパークリング。
甘酸っぱさを感じるよな優しい香り。

よく冷やしていたので味わいもスッキリ。
ブリュットとは違ったカベルネフランの香りとほのかな渋みが楽しめます。

カベルネソーヴィニヨンの親にあたるカベルネフランはボルドー地方の品種で、
育ちがよくタフな葡萄でどこかサブ的な存在ですが、
ロワールではブルトン(Breton)と呼ばれ重宝されているそうです。

実は、個人的にこれまであまりいいイメージのなかったカベルネフランという品種。
果実味があって大人な味わいで美味しいのですね!
イメージが変わりました〜☆

『ロゼ』というだけでなぜかテンションが上がってしまう典型的な女子の心境の私。

東京臨海広域防災公園内にあるそなエリアBBQガーデンで手ぶらバーベキューと美味しいワイン!
最高でした!!

at 09:42, テイスティングノート(フランス 泡)

comments(0), trackbacks(0), -

ビルカール・サルモン キュヴェ・ニコラ・フランソワ 1998


BILLECART SALMON CUVEE NICOLAS FRANCOIS 1998

Tasting Room Storeでは9,720円で販売しています。

ビルカール・サロモンは非常に歴史のあるシャンパンメゾンであるにも関わらず
シンプルで印象的なロゴのギャップが前から気になっていました。

今回は青山のアン カフェで友人とのワインランチの時に飲みました。

1998年のシャンパンということでもう14年物。
泡は弱くなってきていましたが、グラスの中で綺麗に登っていました。

色は濃い目で黄色よりも茶色に近いくらいの色合い。

香りは落ち着いていて、酸味よりもシェリーのような熟成された雰囲気。

熟成されたことで白ワインのような味わいもあり
酸味もあり、甘味もあり、簡単に言えば美味しいシャンパンでした。

値段が値段だけに、そうそう飲めるシャンパンではありませんが
味は間違いないだけに、プレゼントにオススメです。

at 10:23, テイスティングノート(フランス 泡)

comments(0), trackbacks(0), -